車買い替えに必要な書類は事前に確認・準備

車の買い替えは、車を売る手続きと買う手続きを同時にするので、少し手間がかかります。

ここでは、車の買い替え手続きの流れをざっと見ていきましょう。

車を売る場合には、車の名義人が自分から他人へと変わります。

基本的には中古車屋さんやディーラーで手続きを説明してくれるのでそれほど困惑することはないのですが、売る際に必要なものは揃えておきましょう。

まず、車を売る場合には、車検証や印鑑証明などが必要になります。

これは売主が正当な所有者であることを証明するものです。

車を買う時には、車検証の交付を受け、ナンバープレートをもらいます。

これは国土交通省管轄の陸運局にきちんと登録されている車であることを証明するためです。

公道を走るにはこのナンバーが必要です。

また、車を買う場合には、強制保険への加入証明と、車庫証明が必要になります。

この二つがないと、車を引き渡してもらえないので、車を買う際には忘れずに、警察署へ行って車庫証明をもらっておきましょう。

車の売買にはお金もかかりますし、いろいろと手続きが必要なため、手間はかかりますがきちんと準備をしておけば大丈夫です。

ディーラーや中古車業者の人に、購入を検討している段階で相談しておけば、必要な手続きについてあらかじめ教えてもらえるので、不安な場合には聞いておくと良いのではないでしょうか。

中古車オークションの落札相場をにらみながら査定を行う車買取店の場合、通常でも買取査定額に2週間ほどの有効期限が付けられます。

買い取り額が限界に近づけばこの有効期限もシビアになるかもしれません。

必要書類の準備にモタモタして、有効期限切れ、査定し直しなんてことにならないよう、事前に確認、準備をしておきましょう。

<当サイトのメニュー>
ホーム残価設定型ローンのメリット・デメリット下取査定と買取査定中古車オークションと査定相場
地域による査定相場の違い| |カーオプションの評価査定時のアピールポイントローン途中の車買い替え
車買い替えに必要な書類車買い替えのリサーチ車買い替えは計画的にサイトマップ



このページの先頭へ