ローン中の車を買い替えるなら高額売却を目指す

車を買い替える理由というのはライフスタイルの違いにより人それぞれでしょう。

バブル時代ほどではないにしろ3年、5年で新車に乗り替えるのを楽しみにしている人もいるでしょうし、車検3回以上は少なくとも乗り続けるという人もいるでしょう。

ただ、車買い替えのきっかけになる大きい転機というのも確かにありますね。

転勤や結婚もそうかもしれませんし、また家族構成の変化というのも買い替えの理由になることでしょう。

若い夫婦だとツーシーターからワンボックスへ買い替えるたり、老夫婦だと逆に、ワンボックスのファミリーカーからセダンへと乗り換えるというケースが多いといいます。

また子供が増えてセダンやSUVなどからミニバンに乗り替えるというケースも多いことでしょう。

いずれにしても家族の数が減ったり増えたりすることが車を変える動機になり、買い換えのニーズになるようです。

車は生活の中で足代わりに使われるものです。

家族の変化や生活スタイルの変化などがあった場合には、不便な車を使い続けるよりも、生活に合わせて車を買い替える方が賢明ですし、ストレスも減ります。

何より、家族で移動する際に窮屈だったり不便だったりすると、そもそも家族の移動手段であったはずの車が原因で、一緒に出かけなくなったりということにもなりかねませんよね。


中には、車が壊れるまで乗りつぶすという人もいるかもしれません。

車の耐用限界は、車の品質の向上が目覚しく伸びてきているといいますが、メンテナンスフリーで乗れる限界はやはり長くても10年くらいでしょうか。

メーカーでもタイミングベルトの交換の目安を10年くらいにしているので、車検時以外のメンテナンスを考えずに乗れる限界は10年くらいということでしょう。

最も海外では、15万キロ、20万キロといった古い車でも日本車なら大人気で普通に現役で走っています。


ローンの途中で車を売るというのは、新車購入時に予測していなかった事情が出てきたとか、ニュータイプが出てきてどうしても欲しいとかなどの事情だと考えられます。

いずれにしろローン途中での売却はローンの清算が必要になりますから、できるだけ多くの買取店の査定を比べて1万円でも高く売りたいものです。

売却価格がローン清算のための現金が必要かどうかに直結しますので、気合を入れて高額売却を目指しましょう。

<当サイトのメニュー>
ホーム残価設定型ローンのメリット・デメリット下取査定と買取査定中古車オークションと査定相場
地域による査定相場の違い| |カーオプションの評価査定時のアピールポイントローン途中の車買い替え
車買い替えに必要な書類車買い替えのリサーチ車買い替えは計画的にサイトマップ



このページの先頭へ