査定時のアピールは事前に整理して効果的に

車買取店に限らないでしょうが、買い取りをビジネスにしている業者はできるだけ安く買取りをしようとするのが自然な姿です。

50万円で満足している顧客に「程度がいいですから5万円上乗せして55万円で買いましょう」などと自分の方から値を上げてくる買取店はいません。

ですから、売る側に相場の知識がなく競争相手もいないと言い値で買い叩かれる可能性があります。

値切りを想定している商品であっても買う側が黙っていればそのままの値段で買うことになるのと同じように、車の査定の場合でも自分の車の良いところをアピールしなければ、お惚けをされてしまう可能性があります。

車の査定でアピールする意味とは、「このボディーカラーは高評価になることを知ってますよ」とさりげなく査定マンに知らせてスルーを許さないようにすることです。

誰でも大事に乗っていた車は高く売りたいものです。

車を査定に出すということは車を売る側に立つ、つまり取引において売り手になるということです。

売り手は、自分の売りたいものの良い点をアピールして、できるだけ高値で買ってもらうことで得をします。

車を売る時にもこの原理は変わりません。

売り手になったからには、車の査定を受ける前に、アピールの仕方を考えておく必要があります。

車の状態の良さや、故障の少なさ、どれだけ大事に乗ってきたかという点をアピールすれば、買う側も、それだけ良い物なら評価しようとなりますよね。

これらのことを事前にリストアップしメモにまとめておけばいいでしょう。

でも、相手はなんといったって車のプロです。車について知ったかぶりをし過ぎたりで印象を害さないように気をつけましょう。

<当サイトのメニュー>
ホーム残価設定型ローンのメリット・デメリット下取査定と買取査定中古車オークションと査定相場
地域による査定相場の違い| |カーオプションの評価査定時のアピールポイントローン途中の車買い替え
車買い替えに必要な書類車買い替えのリサーチ車買い替えは計画的にサイトマップ



このページの先頭へ