プラス評価になるものとマイナスになるものとを把握しておくこと

車が好きな人であれば、車にお金をかけ、いろいろなオプションを付けたり、少しでもかっこよくしようと、いろいろなパーツをつけるという人もいるでしょう。

愛車のオプションやパーツはどうしようかと考えるだけでも楽しくなるものです。

しかし、こうしたオプションやパーツは、いざ車を買い替えよう、という時になって、車の価格を下げてしまう要因になることがあるので注意が必要です。

大事にしていた車を売る時に、大事にしていたがゆえにつけていたオプションやパーツが値を下げる要因になるというのはちょっとっショックなことですが、自分が中古車を買う場合を考えると納得がいくかもしれません。

もし自分が中古車を買うとしたら、できれば手を加えられたものよりも、自分で手を加えられる余地があるものの方が良いですよね。

ただし、車につけているエアロパーツが純正品で、メーカーオプションのものなどであれば逆に査定額がアップするプラス要因として評価されることもあります。

たとえば純正のサンルーフとか、本革シートなどの場合ですね。純正オーディオ&ナビシステムや純正アルミホイールなどもそうかもしれません。

また、地域や時期によって異なりますが、エアロパーツなどはオプションで付ける人も多く、中古車市場でも人気があるようです。

車を買い替える際や買い取りに出す際には、査定の前に、自分の車のオプションやパーツについても把握しておきましょう。

また、社外品を取り付けている場合は、純正パーツをきちんと保管しておき、査定の時に見てもらいましょう。

このように、マイナスになるとしたら、どんな点か、プラスのアピールポイントになるとしたらどんな点かということをまずは査定前に勉強してみましょう。

その方が査定の場面でも話がスムーズにできるのではないでしょうか。

<当サイトのメニュー>
ホーム残価設定型ローンのメリット・デメリット下取査定と買取査定中古車オークションと査定相場
地域による査定相場の違い| |カーオプションの評価査定時のアピールポイントローン途中の車買い替え
車買い替えに必要な書類車買い替えのリサーチ車買い替えは計画的にサイトマップ



このページの先頭へ