車を少しでも高く売りたいなら車買取店で査定してもらおう

車を売却する方法は、大きく分けて二つあります。

ひとつは車買い替えの場合に新車ディーラーに古い車を下取りとして引き取ってもらう方法、もうひとつは車買取店や中古車販売店に査定してもらい売却する方法です。

これらの方法は、通常「下取り」と「買い取り」と呼ばれています。

この二つの方法の違い、メリット・デメリットなどを整理してみましょう。

■下取り

車の買い替えには、既に持っている車を売って、新しい車を買うという方法がありますが、この時に、その新しい車を買うお店で、古い車を引き取ってもらうことを下取りと言います。

古い車の価値の分を頭金のように充てることによって、新しい車の価格から下取りの額を差し引いた金額で新車を購入できます。

この下取りの方法は、同じメーカーの車に乗り換える時に大変便利になる仕組みです。

各自動車メーカーはそれぞれ系列の中古車販売会社を持っているので、下取りで引きとった車をすぐに市場に出して流通させることができます。

下取りにおける制約は、新しく車を買う場合にしか車を引き取ってもらえないことです・

また当然ですが、同じメーカーテー系列であっても新車を買うディーラーと別のディーラーで下取りをすることもできません。

お気に入りメーカーがあり、同一メーカーの車を乗り継ぐ場合は、ワンストップですべての手続きができますので一番便利な方法と言うことになります。

デメリットは、車買取店に売却する場合に比べて査定額が総じて低くなることです。

高額買い取りを売りにする車買取店が全国に増えてからは、下取りで中古車を売る例はかなり少なくなっているようです。


■買い取り

最近では車買取店のコマーシャルをテレビで目にすることも多くなりましたね。

中古車流通と言えば昔は下取りによるものがほとんどでしたが、今では全国に「中古車オークション」と言う業者専用のオークションが普及し、この落札相場により中古車の適正価格が決められています。

買取りした車を中古車オークションで売って利益を上げるというスタイルの車買取店も全国に増え、現在では下取りよりも車買取店を通じた流通の方が主流になっています。

この車買取店で査定・売却することを通常「買い取り」と呼んでいます。

中古車市場の相場に連想しない固定的な査定基準で行われるディーラーの下取り査定額よりも、オークション相場を背景にする車買取店の査定額の方が高くなるのが普通です。

また買い取りでは、複数の車買取店を競わせて更に高額査定を目指すというやり方も可能です。

かつては自分で何箇所もの買取店に車を持ちこんで査定額を比べたものですが、現在では一括査定の無料サービスがが普及して、ネットから簡単に複数の買取店に査定依頼ができるようになりました。

買い取りのメリットは、ズバリ下取りより査定額が高くなるということに尽きます。

自宅にいたままで複数の買取業者に無料出張査定をしてもらい、一番高い査定額のところに売却すれば最高額で売却することができます。

無料一括査定の普及で車を売却するときの手間は本当に楽になったと思います。

その分買取業者の方は競争がきつくなって大変なのでしょうが、でも彼らは車を買取れてナンボの世界です。大いに競争をしてもらいましょう。


※車ワンポイント情報
一括査定といえば、車の任意保険を安くしたい時も無料の一括見積もりサービスを利用すると便利です。
こちらも各社に保険料の額を競争してもらうもので最大で20社以上の保険会社に見積もりを依頼することができますよ。

<当サイトのメニュー>
ホーム残価設定型ローンのメリット・デメリット下取査定と買取査定中古車オークションと査定相場
地域による査定相場の違い| |カーオプションの評価査定時のアピールポイントローン途中の車買い替え
車買い替えに必要な書類車買い替えのリサーチ車買い替えは計画的にサイトマップ



このページの先頭へ