残価設定型自動車ローンは金利負担が多くなるのがデメリット

残価設定型自動車ローンのテレビCM、最近ではトヨタだけでなくホンダのものも見るようになりましたね。

これからもメーカーとして力を入れていく方向のようです。

初めて車を購入する若い人や3年~5年くらいで車を乗り替えるような人には、魅力的に見えるのでしょうね。

月々の支払額が通常のローンより小さくできるというこの「残価設定型自動車ローン」というのは、一体どのようなしくみのローンなのでしょうか。

簡単に言えば、3年後あるいは5年後の車の残価(残存価値)を決め、その分の支払を最終回まで据え置きにする自動車ローンだということです。

「残価を差し引いた・・・」という言い方をしますが支払い総額から本当に残価分が引かれているのでなく、最終支払まで据え置かれているだけです。

ですから満期後も乗り続ける場合は、現金か新しいローンで残価を含むローン総額を全額返済しなければなりません。

満期になって別な車に乗り替える場合は、下取りのように車を現物でディーラーに引き渡してチャラにするというわけです。

このような形もローンは昔からあったようで業界筋では「据え置きローン」と呼ばれていたそうです。

なんかこっちの名前の方が誤解を生まなくてわかりやすいような気もします。


■通常の自動車ローンとどう違うのか?

残価設定型自動車ローンが通常のローンと大きく違っている点は、月々の支払額が小さいということです。

月々の支払額が小さいということはローンの元金の減り方が通常に比べて遅いということです。

毎月の金利は元金の残高に対してかかりますから、元金の減りの遅い残価設定型ローンは通常に比べて金利の支払いが大きくなります。

この支払金額が大きくなるのが残価設定型ローンのデメリットだと言われています。


■メーカー、ディーラーのメリット

さてこの残価設定型自動車ローン、メーカーやディーラーの側にはどんなメリットがあるのでしょうか。

一番の狙いとしては、新車購入のハードルを低くして若い人にも車を買いやすくするということでしょうか。

初めて車を購入する人は下取り車を持っていません。

下取り車の下取り額に相当する「残価」を据え置くことで、下取り額を頭金にしたのと同じような月々のローン返済額にすることができます。

若い人の車離れが言われていますが、それに対する対応の一つなのかもしれませんね。

また、このローンのしくみによってリピーターを増やそうとしているのかもしれません。

残価設定ローン満期の清算の仕方で最も簡単に見えるのは、それまでの車を返却し、同じディーラーで再び残価設定ローンを組んで同一メーカーの新車に乗り替えることのように見えるからです。

このサイトではおススメしていますが、通常、特別な事情でもなければ満期前の車をわざわざ車買取店に売ろうなどとは考えないでしょう。

囲い込みと言えばいいすぎかもしれませんが、トヨタファン、ホンダファンを増やす効果が期待できるのも否定できないと思います。


■満期でのローン清算に注意

残価設定ローンの満期になれば、次の3つの方法で清算をすることができます。

・新車に買い替える・・・残価設定ローンを組んだ同じディーラーで新車に買い換える。(残価は下取り査定額で清算」)

・車を現物で返却する・・・他メーカー車に乗り替える場合などの選択。(残価は返す車の査定額で清算)

・車を買い取って乗り続ける・・・現金一括払いか新しいローンを組んで車を自分のものにする。

こうしてみると残価設定型ローンの大きいポイントは満期になった時の車の評価額がどうなるかということになりそうですね。

満期のことを考えるとぶっつけたりこすったりして評価を下げないよう、普段の運転に神経を使ってしまいそうな気がします。

普通に乗ればいいと言われても、何か気分的に半分自分の車でないような気になるだろうと考えるのは私だけでしょうか。

でもやはり、若い人にとっては初めて車を手に入れる魅力的方法であることは間違いないでしょう。


<当サイトのメニュー>
ホーム残価設定型ローンのメリット・デメリット下取査定と買取査定中古車オークションと査定相場
地域による査定相場の違い| |カーオプションの評価査定時のアピールポイントローン途中の車買い替え
車買い替えに必要な書類車買い替えのリサーチ車買い替えは計画的にサイトマップ



このページの先頭へ